07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

伝統工芸

陶磁器、ガラス工芸、貴金属工芸など、貴重な伝統工芸品を紹介します。良い品にこだわった厳選された伝統工芸、逸品の特集です。



 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

香炉 - 銀製香炉、純金製香炉 

純金製 香炉 霰 3号

香炉特集。今回が最後です。
貴金属工芸の中でも特に高価な「銀製香炉」をご紹介してきましたが、加えて最高級の貴金属工芸、純金製香炉も紹介しています。
伝統工芸士・匠の手による貴金属工芸ならではの繊細さと重厚さが圧倒的な魅力を放ちます。
陶磁器とはまた違った、重厚さと繊細さをあわせ持つ金属工芸独特の美しさが魅力的。圧倒的な存在感。
芸術的価値、美術的価値の高い香炉です。

金は、人類が発見した最古の金属と言われ、人間と金との関わりは紀元前4,000年頃のオリエントからだと言われています。以来、その輝きと希少性の為に、富と権力、永遠の価値の象徴として珍重されてきました。その上、耐久性に優れ、錆びたり朽ちたりしない金は、歴史的な記念物や、芸術作品の様々な部分に利用され現在も残されています。

銀は金、銅に次いで古くから用いられ、紀元前3,000年代の銀製工芸品が発見されています。
銀は熱や電気の伝導性、可視光線の反射率などが、すべての金属中で最も優れている為に、電気接点やリード線、鏡や魔法瓶の内貼りなどによく利用されています。

金・銀、いずれも非常に高価な貴金属。
それだけに、今回ご紹介している香炉商品も、純金製始め、非常に高額ですが、子孫へ幾代にも渡って残る貴重な財産・家宝として、また最高級の贈答品として、非常に貴重な重宝される逸品です。

香炉と言うのは、香料を加熱し、香気成分を発散させる目的で用いる器で、主に、仏具などで用いられ、宗教的な意味合いも強いものです。
しかし、香気を熱で発散させる目的であれば、形状や色彩、サイズなどは比較的自由で、香を焚く行為自体、趣味性・嗜好性が高いものである事から、芸術性を追求する対象となる事も多く、日本の様々な伝統工芸にも、数多くの優れた、芸術性の高い、美術的価値の高い、香炉の作品が存在します。

アロマセラピー等でもよく使われる香炉癒しとリラックスを与えるアイテム。また高い芸術的価値を持つ香炉は、所有するの相応しい伝統工芸品の代表格と言えます。
加えて、贈答品ギフトとしてもお薦めの品です。







純金製 香炉 龍 3号

純金製 香炉 龍 3号
 ¥ 5,250,000


純金製 香炉 霰 3号

純金製 香炉 霰 3号
 ¥ 4,977,000


関連記事


Posted on 2013/01/23 Wed. 16:59 [edit]

category: 貴金属工芸品

thread: 伝統工芸  -  janre: 学問・文化・芸術

tag: 香炉  銀器  銀製  純金製  金器  贈答品  記念品  ギフト  癒し  インテリア 
TB: 0    CM: 0

23

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://dentou970.blog.fc2.com/tb.php/155-dd26c043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。