05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

伝統工芸

陶磁器、ガラス工芸、貴金属工芸など、貴重な伝統工芸品を紹介します。良い品にこだわった厳選された伝統工芸、逸品の特集です。



 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

2013年お正月特集 - 羽子板 台飾り 3 



正月向けの伝統工芸品を特集。
女の子の厄除け・縁起物の「羽子板」です。
台飾りの羽子板、3回目となります。

羽子板」と言うと、毬を打ち合って遊ぶ羽根突きの遊戯道具と言うイメージが強いです。元々はそのような出自ですが、徐々に厄払いとして使われることも多くなり、魔除けとして正月に女性にあげる習慣も生まれました。
江戸時代頃からは、女の子の生まれた家に贈る事が習慣となり、女児の初正月祝い・縁起物魔除けとして、現代でも重宝されています。

この女児の厄除け・縁起物としての羽子板は「飾り羽子板」として発展し、伝統工芸の技術を駆使した素晴らしい仕上がりのものが生産されるようになりました。
ここで集めた羽子板も、伝統の匠の技術を活かした職人達のハンドメイドの逸品です。その為、高価なものも多いですが、女の子正月お祝い・贈答品として相応しい品々です。











羽子板の由来

 羽子板の歴史は古く、七世紀から宮中で行われていた「毬杖(ぎっちょう)遊び」が起源と言われています。これは、先がヘラのような形をした杖(毬杖)で毬を打ちあう遊びです。この杖が変化して、羽子板になったものと考えられています。

 江戸時代になると、大名の間で、年の暮れに女児の生まれた家に贈ることが慣例となり、女の子の厄除けという認識が醸成されていきました。

 また、羽根突きの羽の飛ぶ様がトンボに似ていることから、蚊が病気を仲介することを認識していた昔の人々は、羽をトンボに見立てました。そのことから蚊はトンボを恐れ、ひいては子供が蚊に刺されないという,厄除けのまじないとして正月に羽根突きを行っていました。

 羽根突きの玉には、板で突いたときの音が良いと言うことから「ムクロジ」という木の、黒くて硬い木の種子が用いられています。「ムクロジ」は「無患子」と書き「子供が患わない」ようにという意味が含まれています。

 羽子板は正月の羽根突きの遊び道具、贈り物という用途に加えて、女児の初正月を祝い邪気をはね除け美しく、無事成長することを願うための大切な飾りとなっています。
関連記事


Posted on 2012/12/06 Thu. 20:07 [edit]

category: 羽子板

thread: 伝統工芸  -  janre: 学問・文化・芸術

tag: 正月  羽子板  お祝いギフト  贈答品  記念品  縁起物  魔除け  女の子 
TB: 0    CM: 0

06

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://dentou970.blog.fc2.com/tb.php/119-2f2a7344
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。